英国の刺繍生地をフロントレースに


素敵なリノベーションをなさったN様。

お納めしたカーテンは英国Andrew Martinの「KAYAK」という名の白いレース+フジエテキスタイルの濃紺のドレープの窓辺。

2部屋の間の壁を取って1つの部屋になさったそうで、掃き出しの連窓は開放感がありますね♪

2窓を両開き+両開きにする事も検討しましたが、折角の解放感なので両側にカーテンを寄せる片開き+片開きをご提案させて頂きました。

そして何といっても、フロントレーススタイル!(注1)

薄地と厚地のレイヤー感がとてもオシャレです。

通常透けるレースで行うスタイルですが、KAYAKはコットン65%、ポリエステル35%のスパン糸(注2)でガーゼ調、透け感が強くはありません。

ただ!(>o<)/

最終的にお客様がチョイスした厚地は、藍染めの様な濃紺色。

色のコントラストで、重ねた時にダイヤモンド・モチーフの刺繍柄が優しく浮き立ちます。

キリッとした紺色はダイニングチェアの張地やアクセントウォールにも使用なさっているので見事にマッチ。

カーテンのタッセルは敢えて2本で留めてみました。同じサイズとは言え、厚地と薄地のたたみ代は違うので別々のタッセルで束ねてあげるとスッキリ。

カーテンは、前後を入れ替えて頂く事ができます。クリーニングで取り外したときにチェンジして頂くのも楽しいと思います。

こだわりのインテリアのカーテンを当店にご依頼頂き、大変光栄に存じます。

N様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

そしてお読みいただいた皆様、ありがとうございます!

では、また。(^^)/

 

注1)フロントレース・・・部屋内に薄地を、窓側に厚地を掛けるカーテンのスタイル。重ねたデザインが特徴なのはもちろん、紫外線に強くない繊細なレース生地が厚地によって守られるという利点もあります。

注2)スパン糸・・・綿,羊毛などの比較的短い繊維をそろえて撚り(より)をかけた紡績糸。


こちらも覗いてみて下さいね。

ウェブサイト&オンラインショップ http://www.octave8.net/

↓↓↓ 新商品情報をいち早くお届けします ↓↓↓

インスタグラム https://www.instagram.com/wwwoctave8net/

フェイスブック  https://www.facebook.com/moctave8.net

ツイッター  https://twitter.com/wwwOctave8Net/


Leave a comment